薄毛でお悩みなら

薄毛の治療法は色々ある

男性の場合、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けやすいので薄毛になる確率も高いです。ただし、現在ではAGA(男性型脱毛症)の治療方法はたくさん登場しています。
まずは薄毛になりやすい生活習慣を改善させていくことが重要ですが、それに加えて育毛剤、育毛シャンプーを使ったり、治療薬を使うという方法もあります。
AGA治療薬は、DHTが増えてしまうのを止める薬です。DHTが増えてしまう要因であるII型5α-リダクターゼ酵素の働きを阻害することで、テストステロンがDHTに変化してしまうのを抑えます。
これにより、髪の成長に関わっている毛母細胞の萎縮を止めて髪を長く太くさせるように促します。ヘアサイクルが正常化して成長期が長くなるので、相対的に休止期が短くなってしっかりした太く長い毛が生えてきます。
治療薬でも効果が出なかったら、植毛や増毛という方法もる方法なあります。増毛は残っている毛に人工毛を結びつけのでメンテナンスが1ヶ月に1度必要になります。
それに対して、自毛植毛はDHTの影響を受けない後頭部の毛を頭皮ごと採取して薄毛が進行している部位に移植します。外科手術が必要ですが、増毛のようにメンテナンスが不要で一生自分の毛として使うことができます。

薄毛の解決策のひとつ自毛植毛

自毛植毛は、外科手術で頭皮ごと自分の髪の毛を移植する方法です。 後頭部や側頭部は薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けにくいので、その部位から毛を頭皮ごと採取して薄毛が進行している部分に移植します。
ドナー採取した部位からは二度と毛は生えてきませんが、後頭部は毛の密度が高いので、採取してもほとんど目立ちません。
どうしてもドナー採取したくない場合には人工毛植毛という手段もありますが、こちらは免疫システムが過剰に反応して起こる拒絶反応が起こりやすいです。発毛先進国のアメリカでは禁止されていますし、日本でも人工毛植毛を専門的に行っているところはほとんどありません。 なので、植毛といった場合にはほとんどが自毛植毛になります。
自毛植毛の技術は進歩しており、最近では切らないでできる手術も登場しています。パンチ式の器具を使ってドナー採取して、移植するので採取部位には点状の傷しか残りません。メスを使うと横一文字に傷跡が残ってしまいますが、切らない方法ならば点状の傷跡だけで、それも数日で消えます。
ただし、切らない方法は大量植毛には向いていないというデメリットもあります。 植毛をするときには、自分の髪の状態に合った手術を受けることが大切です。

check

オーダーメイド診療を心がけている戸塚区の訪問歯科を探す

戸塚区で訪問歯科を探す

新宿西口駅から徒歩3分で小滝橋通り沿いの貸し会議室・レンタルスペース

貸会議室 新宿

予防歯科や歯周病治療も行っております

品川区にある歯科

労働問題に関する豊富な知識でお客様のトラブルを解決します。

労働審判 弁護士 東京

人気ランキングや季節のお取り寄せグルメをグルメライターさんが口コミで紹介しています。

お取り寄せ クチコミ

高い技術力と居心地の良さをご提供する八王子の歯科

八王子 歯科

卒業式の袴はゆったりの4泊5日のネットレンタルで

卒業式 袴

靴磨きや靴の修理を出張や宅配で行います!1足1,000円〜で10分でピカピカに!

靴磨き

最終更新日:2016/8/5